給料安いwebエンジニアのフリー転身事情

webエンジニアの中には、給料安いという不満を持つためにフリー転身する人が多いものである。その背景にあるのは、プログラミングスキルがさほど無くてもコーディングができる業界事情だ。多くのエンジニアは専門学校でプログラミングを学ぶなどにより就職し、業務に就くことになる。そこで教わるのはコーディング方法であって、プログラミングの真髄ではないものだ。そのためになかなかスキルが高まらずに簡単な作業の繰り返しに従事する人が多くなるのである。

エンジニアはある程度自分で企画するスキルがなければ、なかなか収入は増えないものだ。仕様書通りのコーディングに徹することに慣れてしまうと、技術の磨き方も分からないままになってしまうものだ。その状態でフリー転身しても、思うように収入は増えないものである。逆に多くの収入を得ている人は、どのような環境であってもそれなりの働きができるものだ。フリー転身すれば、その信頼度の高さから単価の高い仕事を得ることができる。けれども自分自身のスキル磨きをしていない人は、いつまでも給料安いと嘆くだけで思うような額の収入を得ることができないようだ。

業界自体が人材育成にまで手が回らない状況なので、いかに自分自身でキャリアプランを考えるかが重要になる。またプログラミングに関しても、どのようにスキルを磨けば良いのかを追求することが大切だ。つまり、自ら課題を見つけ出す姿勢が問われるということである。

2017年6月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近のコメント